So-net無料ブログ作成

会社を退職者した場合の年金手続きの注意点 [年金]

会社を退職者した場合の年金手続きについての注意点です。
健康保険(協会けんぽ)及び厚生年金保険に加入している被保険者が適用事業所を退職して自営業者等になった場合には、医療保険は国民健康保険等へ、年金保険は国民年金へ切り替える必要があります。
また、退職して配偶者が加入する健康保険の被扶養者となる条件を満たす場合には、医療保険については、その健康保険の被扶養者となるための手続きを行い、年金保険は国民年金第3号被保険者となるための手続きを行います。

働き方によって、加入している年金制度に大きく関係しますので、転職の場合も、次がどんな働き方か が大きく年金にも影響してきます。
転職や退職があったときは、年金制度の変更が生じる場合がありますが、退職後に「厚生年金の会社の場合は会社が手続き」「国民年金になる場合は自分で手続き」という違いがありますので、まずこの点に注意が必要です。
退職後の進路で、国民年金になるケースは下記のケースなどが該当します。

会社員の転職先を探しているが退職後時間が空く場合
会社員を辞め、独立開業をする場合
会社員を辞め、パートやアルバイトになる場合
しばらく無職になる場合
配偶者が会社員(又は公務員)でもっぱら専業主婦(夫)になる場合

この場合、自分で市区町村役場にいって、手続きする必要があります。
退職後の所得状況によっては、保険料免除の手続きを同時にできることもあります。
この場合、保険料の負担が軽減あるいは免除されます。
詳しくは役所の担当者にたずねてみるといいかもしれません。

サラリーマン株式投資おすすめ株式投資インデックス投資株式投資とはグローバル企業銘柄グローバル生活必需品セクターインデックスファンド資産運用 お金を増やす方法ファンドで資産運用資産運用方法株式分散投資ポートフォリオ運用キャピタルゲイン株式ETF外国株外国株購入方法外国株式インデックス外国株式ETF米国株資産運用おすすめETF投資資産運用ETFETF特徴債券投資信託債券ETF銘柄REIT投資信託REIT銘柄株式ETF投資信託JREIT投資信託REIT投資米国債券投資米国債ETF社債ETF優先株ETFETF銘柄お金持ちになる方法米国債老後資金ETFを保有してお金を増やすETFのメリットサラリーマン副収入サラリーマン副業SEO対策の方法




共通テーマ:

J-REITと世界のREIT市場 [投資]

身近な不動産運用の一つにJ-REITが挙げられます。
J-REITは、日本の証券取引所に上場している不動産投資信託(REIT=Real Estate Investment Trust)のことで、日本版不動産投資信託とも呼ばれています。
一般の投資信託が株式や債券などの有価証券を投資対象とするのに対して、J-REITは、日本国内の不動産を投資対象としています。
また、証券取引所に上場しており、株式と同じように証券取引所の取引時間内であれば、いつでも売買できることが特徴です。
J-REITが投資対象とする不動産は、オフィスビル、賃貸用マンション、ホテルやリゾート施設、商業施設、流通施設など多岐にわたっており、実際の組入資産はファンドにより異なります。
また、投資対象とする地域も、日本国内全体であるファンドもあれば、九州、東京など、特定の地域に的を絞って投資するファンドもあります。

世界のREIT市場

REIT(Real Estate Investment Trust)とは、不動産へ投資して、そこから生じる収益を投資家に分配することを目的とする投資信託です。
1960年にアメリカで創設されたのが始まりですが、世界各国で広まってきたのはここ10年のこと。現在、その制度は20カ国以上で採用され、世界全体での時価総額はおよそ31兆円です。
そのうち、アメリカが占めるのは4割以上。
REITの時価総額が大きい国は、フランス、オーストラリア、日本となっています。

おすすめ投資信託J-REIT 投資失敗しない不動産投資



共通テーマ:

海外ETFを利用すればグローバル投資が簡単にできます [投資]

海外ETFとは、外国の法律に基づいて設定され、外国の証券取引所に上場しているETFのことです。
米国の法律に基づき設定され、ニューヨーク証券取引所に上場しているETF、英国の法律に基づき設定され、ロンドン証券取引所に上場しているETFなどのことを指します。
また、シンガポール法律に基づいて設定され、香港証券取引所に上場して、米ドル建てで取引されるETFのように、設定国、上場市場の所在地と通貨が異なるものもあります。外国ETFと呼ばれることもあります。

海外ETFも、多くは代表的な株価指数や債券指数、商品指数などへの連動を目指すインデックスファンドです。
国内の証券取引所に上場しているETFと同様に、取引所が開いている時間であればいつでも売買が可能ですし、指値注文や成行注文を出すことも可能です。

日本の投資家は、国内の証券会社を通じて、海外ETFを購入することが可能です。
この数年、日本で取り扱われる海外ETFのファンド数は急速に増えています。
取り扱っているETFは証券会社により異なります。野村証券、楽天証券、マネックス証券などが、多くの海外ETFを取り扱っています。
米国で最も活発に取り引きされているETFで「Spiders(スパイダース)」の愛称で有名なSPDR S&P 500や「ダイアモンド」の愛称で知られるDIAMONDS Trust Series1も日本で購入できるようになりました。

海外ETFは、海外の市場に上場していますので外貨建ての投資対象です。
通貨は設定された国によって異なります。
米国で設定され、米国の証券取引所に上場しているETFは米ドル建て、英国で設定され、英国の証券取引所に上場しているETFはポンド建て、ユーロ加盟国に上場しているETFはユーロ建てで取引されることが主流ですが、シンガポールで設定され、香港証券取引所に上場し、米ドル建てで取引されるもの、アイルランド籍で米ドル建てのETFように、設定国、上場市場の所在地と取引通貨が異なるものもあります。
決済は証券会社の取引口座に外貨の残高を用意する必要がある場合と円で決済が可能な場合があり、対応は証券会社により異なります。

海外ETF購入外国債券ETF



共通テーマ:

株式投資 配当 [投資]

株式を発行した企業が上げた利益の一部を株主に還元することを配当といいます。
配当とは、企業の利益の一部を保有する株数に応じて株主に分配するものです。
配当は株式を発行している企業の利益を源泉として支払われます。
そのため利益の変動や経営の判断によって金額が変わります。
また、無配当といって、配当金が分配されないこともあります。
配当を期待して、株式を長期間持ち続けるのも株式投資の1つのスタイルです。
高配当株式の銘柄を多く保有する高配当株式投資戦略という株式投資法もあります。
配当を受け取るには、各企業が定めている「権利確定日」に株主として株主名簿に掲載されている必要があります。

配当利回りとは
配当利回り(%)=1株当りの配当金額÷株価×100
配当利回りは、配当金が増える、もしくは株価が下がることで上昇します。

米国債券退職金運用米国株式高配当銘柄
老後資金必要額サラリーマン 副業おすすめ投資信託
老後 貯蓄教育資金 準備老後資金運用



共通テーマ:

投資のリスク [投資]

投資のリスクといってもいろいろありますが、価格変動リスク、為替リスク、信用リスク、流動性リスクなどがあります。
価格変動リスクは株式にも債券にもありますが、株式の方が高いのが一般的です。
外貨建て資産には、いずれも為替リスクがつきものですが、円安が進んだ場合はプラスの影響、円高が進んだ場合はマイナスの影響があります。
信用リスクも、株式や債券の発行元の信用度によって大きく異なります。
日本をはじめ、先進国の政府が発行する国債などは、信用リスクが低いと考えられます。
新興国の政府が発行する国債などは、一般に先進国に比べて信用リスクが高いので注意が必要です。
流動性リスクは、市場で活発に取引が行われているものほど、低いといえます。
国内株式なら東京証券取引所の第一部に上場している会社の株などは、比較的流動性リスクが低いといえます。




共通テーマ:

投資信託の投資対象資産 [投資]

投資信託の投資対象となる資産は株式と債券が中心ですが、最近では不動産などの「代替資産」を投資対象とするものも増えつつあります。
株式を投資対象にするものは、一般に債券を投資対象とするものに比べて、価格変動の度合い(リスク)が大きくなります。
債券を投資対象とするものでも、発行元の信用度によっては、リスクが高い場合もあります。
海外の外貨建て資産に投資するものは、外国為替相場の変動の影響を受けます。
投資対象の全部または一部について、外国為替相場の変動の影響を回避する手法(為替ヘッジ)を取り入れているものもあります。




共通テーマ:

株式時価総額 [投資]

株式時価総額は企業価値を示す基準であり、現在の1株あたりの株価に、発行済み株式数または浮動株数をかけて算出します。
例えば、時価1株25ドルの浮動株を1億株保有する企業の時価総額は25億ドルになります。
発行済み株式は、株主が所有するすべての株式を含みますが、浮動株は実際に取引可能な発行済み株式のことです。
株式時価総額はマーケットキャップとも呼ばれ、投資家がさまざまな株式ポートフォリオを選択するときに使う基準のひとつであり、小型株、中型株、大型株に分類されることが多く、大型株はボラティリティが最も小さく、小型株は最も大きいとされているようです。



共通テーマ:

カバードワラント [投資]

カバードワラントとは、上場株式や日経平均株価・東証TOPIXなどの株価指数を対象に、一定の期日に特定の価格で売買する権利を証券化した金融商品のことです。
1998年12月の旧証券取引法改正により有価証券として認められるようになったデリバティブ(金融派生商品)の1種です。



共通テーマ:

株式投資 配当に注目 [投資]

老後資金のために資産形成の手段として株式投資をしている方もいると思います。
株式投資というと株価の値上がり益(キャピタルゲイン)が注目されがちですが、配当によるリターン(インカムゲイン)に注目してみることも重要です。
長期的な株式のリターンは配当の再投資によるリターンが大きいといわれています。
そうであるならば、高配当株式銘柄をポートフォリオに加えることでリターンを高められる可能性もあるのではないでしょうか。
今では、高配当株式銘柄を集めた投資信託又は海外ETFも購入できますので、是非、活用したいですね。




共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。